SEO対策はキーワード重視!キーワードプランナーを使った検索ボリュームの抽出方法

キーワードプランナー

「SEO対策を行っているのになかなか集客できない。」「みんな言っていることが違くて何を信じたら良いのか分からない。」など、サイト管理者は悩みが多いのではないでしょうか。

SEO対策を行う上で知らなくてはならない検索エンジンアルゴリズムは、年に数回のメジャーアップデート、数百回のマイナーアップデートが行われているので情報の鮮度が求められます。しかしながら最新の情報を必死に集め、その度にサイトを改善するのは大変ですね。

SEO対策は様々な施策がありますが、ここでは検索エンジンアルゴリズムの急な変化に左右されにくい、「キーワード対策」をお伝えしようと思います。

今回お伝えする内容は当sitebookが実際に行い、最もPV上昇に貢献した解析方法です。ぜひ参考にして下さい。

sitebookのPV数と上位のチャネル

sitebookはサイトを構築するにあたって、特にSEO対策に力を入れています。実際に行った施策は200項目以上ありますが、中でも「キーワード対策」が特に重要です。

まずは、sitebookのSEO対策の実績をご紹介いたします。
2014年1月1日0時OPEN!!

年月 1ヶ月間のPV数 記事数 1記事あたりのPV数
2014年1月 655PV 6記事 109PV
2014年2月 611PV 7記事(合計13記事) 47PV
2014年3月 3,193PV 16記事(合計29記事) 110PV
2014年4月 30,823PV 5記事(合計34記事) 906PV
2014年5月 61,567PV 5記事(合計39記事) 1,578PV
2014年6月 70,012PV 10記事(合計49記事) 1,428PV
2014年7月 74,434PV 9記事(合計58記事) 1,283PV
2014年8月 77,272PV 更新なし(合計58記事) 1,332PV
2014年9月 87,572PV 更新なし(合計58記事) 1,509PV
2014年10月 103,593PV 更新なし(合計58記事) 1,786PV
2014年11月 142,227PV 3記事(合計61記事) 2,331PV
2014年12月 146,927PV 2記事(合計63記事) 2,332PV

——-
表を作って改めて思ったのですが、月によって更新記事数の波がありますね。。ちなみに8月から他のサイトを作っていたので更新が滞っていたのです・・・今年はもう一つのサイトと、sitebookを定期的に更新します(小声)。
——-

上の表で注目していただきたいのが、8月から更新が滞ったにも関わらずPVが上昇し続けました。その理由は、サイトの初期構築からSEO対策を意識した作りをしたおかげです。なぜ、SEO対策がsitebookのPV上昇をもたらした要因なのか、下の図をご覧下さい。

抽出期間:2014年1月~12月

上位のチャネル

実にsitebookの集客チャネルの87.9%がOrganic Search(自然検索)経由なのです。従って、PV上昇の要因のほとんどがOrganic Search経由であることが分かります。

キーワードボリュームを調べるにはキーワードプランナー

キーワード解析を行う上での重要な指標は、「キーワードボリューム」です。ユーザーが月間に何回検索するか調べることにより、コンテンツの方向性を定めることが出来ます。

キーワードボリュームを調べるには様々なツールがありますが、sitebookではGoogleの純正ツール「キーワードプランナー」を活用しています。無料で使用することができ、かつ操作がしやすいのが特長です。
※もともとの用途は、Google Adwordsの広告出稿アシストツールなのですが、キーワードボリュームを把握できます。

トマト農家が新たにウェブサイトを作る設定

では実際にどのようにしてキーワードボリュームを調べ、どのようにしてサイトのコンテンツを決めていくのでしょうか?

今回はトマトを栽培している農家が、

  • もっとトマトのことを知ってほしい
  • 通販でトマトを販売したい

というような目的を持ってウェブサイトを作成すると仮定します。

ウェブサイトを作る際に、どうしても「どんなデザインにしようか」「どうやってキレイな写真を撮ろうか」など、視覚的な面(Webデザイン)を重要視しますが、「どうやって沢山のお客様にみてもらうか」を初期段階から考えて設計することが重要です。実はこれが出来る人はなかなかいません。

トマト画像

GoogleアカウントとGoogle Adwordsアカウントを取得しよう

キーワードプランナーを利用するには、以下のアカウントが必要です。

  • Googleアカウント
  • Google Adwordsアカウント

Googleアカウントの取得方法

Googleアカウントの取得するには、以下のページを参考にしてください。
Googleアカウントの新規作成・登録方法
http://sitebk.com/analytics/google-account/

Google Adwordsアカウントの取得方法

Google Adwordsアカウントを取得するには、下記のURLをクリックしてください。
https://www.google.co.jp/adwords/

メールアドレスを入力し、その他各項目を確認し、「保存して次へ」をクリックします。

Google Adwordsアカウント設定

以下の画面が表示されましたら完了です。

Google Adwords初期画面

上部のタブにある「運用ツール」をクリックし、「キーワードプランナー」をクリックしましょう。

Google Adwordsキーワードプランナー選択

キーワードプランナーを使って月間平均検索ボリュームを抽出しよう

まずはGoogle Adwordsにログインしましょう。
※2015年1月現在のキーワードプランナー画面です。

キーワードプランナーログイン

以下はキーワードプランナーの初期画面です。「オプションを選択してください」の下にあります、「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックします。

新規キーワードと広告グループの候補を検索

「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」が展開されますので、宣伝する商品やサービスのテキストボックス内に、キーワードボリュームを調べたいキーワードを入力します。

今回は、トマト農家のサイトなので「トマト」と入力しました。入力し終わったら、「候補を取得」ボタンをクリックします。

検索キーワードの入力

「トマト」キーワードに関する、平均月間検索ボリュームの棒グラフや広告グループ候補が表示されました。現在、「広告グループ候補」のタブがアクティブになっているので、その右側にある「キーワード候補」をクリックします。

キーワード候補をクリック

トマトに関する単体キーワードの検索ボリュームならびに、複合キーワードの月間平均検索ボリュームが一覧で表示されたことを確認し、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

csvのダウンロード

任意のファイル形式(ここではExcel用CSV)を選択して、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

Excel用CSV

(キーワード数が「801つ」取得できました。)
「ファイルを保存」ボタンをクリックします。

ファイルを保存

CSVを任意の箇所にダウンロードしたら、今回は「Excel用CSV」でダウンロードしたので、Excelでファイルを開きます。以下の様に表示されておりましたら成功です。

エクセルでファイルを開く

データを整理しよう

「検索キーワード」と「月間平均検索ボリューム」のデータが必要なので、その他のデータ(赤枠)につきましてはカットの対象とします。
※削除した「Suggested bid」は推奨入札単価です。Adwordsを利用するユーザーのための数値です。
※削除した「Competition」は競合性です。競合の数値を見てキーワードの管理を行う術もありますが、管理が複雑になるのと、SEO対策をきっちり行えば、競合が多くても上位表示が可能なのでカットします。

余計な列を削除する

以下の様に2列になりました。

列を削除した結果

1行目に「フィルタ」をかけて、「Avg. Monthly Searches (月間平均検索ボリューム)」を降順に並び替えます。

フィルターで降順設定

トマトキーワードに関連する各キーワードボリュームが多い順に並び替えられ、キーワード解析をする準備が整いました。

降順した結果

まとめ

以上のように、Googleが提供している「キーワードプランナー」を使えば、簡単に月間平均検索ボリュームを取得することが可能です。

今回は検索ボリュームデータの準備でしたが、次回はこのデータを元にキーワードの分類方法をお伝えいたします。

→ブロガー必見!キーワード分類でサイトのアクセス数を増やす方法

おすすめの本はこちら

成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座
鈴木 良治-技術評論社
¥ 2,138
全256ページ
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
松尾 茂起-エムディエヌコーポレーション
¥ 2,160
全632ページ

Follow this page

はてなブックマーク
Bookmark 29
Pocket
入れる 50