リアル過ぎ!?Photoshopを使った黒板の作り方

chalkboard

今回は、アイキャッチ画像のようなリアルな黒板をPhotoshopで作る方法をご紹介します。黒板はもちろんのこと木枠やチョークで描いたような文字にも挑戦してみましょう。

Step1.新規作成

[ファイル>新規作成]を選択し、幅[500px]・高さ[333px]に設定します。

chalkboard

レイヤー名を[Background]と変更しておきます。

chalkboard

Step2.黒板を塗りつぶす

描画色を[#21553d]に設定して[Alt + Delete(Mac:Option + Delete)]で塗りつぶします。

chalkboard

Step3.黒板にグラデーションをかける

レイヤー[Background]を選択した状態で[レイヤースタイルを追加]ボタンを押し、[グラデーションオーバレイ]を選びます。

chalkboard

グラデーションの設定は下記の通りです。

  • 描画モード:通常
  • 不透明度:100%
  • スタイル円形
  • 角度
  • 比率:100%
chalkboard04

グラデーションエディターを開いて下記のようにカラーを設定します。

  • 0%:#21553d
  • 60%:#21553d
  • 100%:#18231e
chalkboard

グラデーションをかけた結果、下記のようになります。

chalkboard

Step4.黒板にノイズを加える

[フィルター>ノイズ>ノイズを加える]を選択します。

chalkboard

ノイズを下記のように設定します。

  • 量:1.6%
  • 分布方法:均等に分布
  • グレースケールノイズ:チェック
chalkboard08

これで黒板の基盤ができました。

Step5.木枠を作る

木の枠組みを黒板につけてみます。

レイヤーを新規作成し、レイヤー名を[Frame]とします。

chalkboard

長方形選択ツールで幅[30px]・高さ[333px]を指定します。

chalkboard

描画色を[#323232]に設定します。

[編集>塗りつぶし]を選択します。

chalkboard

使用:描画色
で塗りつぶします。

chalkboard13
chalkboard

[フィルター>描画>ファイバー]を選択します。

chalkboard

ファイバーを

  • 変化:11
  • 強さ:28

に設定します。

chalkboard
chalkboard

[Ctrl + U(Mac:Command + U)]を押して色相・彩度ウィンドウを開きます。

  • 色相の統一:チェック
  • 色相:30
  • 彩度:32
  • 明度:-62
chalkboard
chalkboard

グラデーションを下記のように設定します。

  • 描画モード:通常
  • 不透明度50%
  • スタイル:線形
  • 角度
  • 比率:100%
chalkboard

グラデーションエディターを開いて下記のようにカラーを設定します。

  • 0%:#140f0b
  • 100%:#63452f
chalkboard

[Ctrl + D(Mac:Command + D)]で選択を解除します。

同じように他の3辺も作ります。
右枠→上枠→下枠の順序がいいでしょう。

木枠ができましたが黒板となじんでいないように感じます。ひと手間かけてなじませてみましょう。

chalkboard

下記のようにレイヤー効果「ドロップシャドウ」を追加します。

  • 描画モード:乗算
  • 角度:-39%
  • 距離:11px
  • スプレッド:0%
  • サイズ:29px
chalkboard

下記のようにレイヤー効果「光彩(内側)」を追加します。

  • 不透明度:12%
chalkboard

木枠が完成しました。

chalkboard

Step6.黒板の質感を上げる(色を分散させる)

レイヤーを新規作成します。レイヤー名を[cloud]とします。
[#000000]で塗りつぶします[Ctrl + Delete(Mac:Command + Delete)]
[フィルター>描画>雲模様1]を選択します。

chalkboard

[フィルター>ぼかし>ぼかし(移動)]を選択します。

chalkboard

ぼかし(移動)を下記のように設定します。

  • 角度:18°
  • 距離:100px
chalkboard

レイヤー[cloud]を

  • レイヤーモード:乗算
  • 不透明度:33%

に設定してレイヤー[Frame]の下に配置します。

chalkboard
chalkboard

Step7.黒板の質感を上げる(チョークの後をつける)

レイヤーを新規作成します。レイヤー名を[Traces of chalk]とします。
[#ffffff]で塗りつぶします[Ctrl + Delete(Mac:Command + Delete)]
レイヤーの不透明度を[10%]に変更します。

chalkboard

消しゴムツールを選択し、
[ウェットメディアブラシ>63番]のブラシを選択します。

chalkboard

実際に黒板消しで消すように消しゴムをかけるといい感じになります。

chalkboard

Step8.チョークで描いたような文字を作る

チョークで描いたような文字を作っていきます。まずはテキストを追加します。

chalkboard41

追加したテキストレイヤーにレイヤー効果「光彩(内側)」を追加します。

  • 描画モード:通常
  • 不透明度:30%
  • ノイズ:100%
  • カラー:文字の背景に使われている色(#21553d)
chalkboard

完成です!

chalkboard

ダウンロードはこちら

下のいいね!ボタンを押してもらうと今回作成した黒板のPSDファイルのダウンロードボタンが表示されます。

※すでにsitebookのFacebookページをいいねしている方は記事の上下についているいいね!ボタンを押していただいてもダウンロードボタンが表示されます。

まとめ

Photoshopでリアルな黒板の作り方、いかがだったでしょうか?黒板の素材が欲しいときはぜひこのチュートリアルを見て作ってみてください。色を変えたり、フォントを変えたりいろいろカスタマイズできるはずです。

おすすめの本はこちら

Photoshop しっかり入門[CC/CS6/CS5] (しっかり入門シリーズ)
まきの ゆみ-SBクリエイティブ
¥ 2,138
全240ページ
Photoshop + Illustrator パターン・背景デザインの「速攻」制作レッスン
下田 和政-エムディエヌコーポレーション
¥ 2,700
全224ページ

Follow this page

はてなブックマーク
Bookmark 0
Pocket
入れる 6