Photoshopでゲーム中にバグった文字をエフェクト加工で再現する方法

Glitch_effect_thum

Photoshopで文字を加工しゲームエフェクト文字(バグ風)を作る方法をご紹介します。

今回使用する手法は、グリッチノイズグリッチエフェクトと呼ばれており、ファミコンなどゲームがバグった時の画面(文字のズレ等)の様な効果を加えるのに使われています。

Glitch(グリッチ)とは、故障、誤動、不調などの意味があります。

ファミコンなどゲームがバグった時の画面は、今まであなたを苛つかせましたが、その効果を逆に利用してゲームバグ風の文字を作成しましょう!

それでは、早速グリッチの作り方を見ていきます。

使用ソフト

Adobe Photoshop CS6を使用

Photoshop cc icon

STEP1.準備

1.背景を黒で塗りつぶす

キーボードの「D」で色の初期化(カラーが黒白になる)→「alt + delete」で背景を塗りつぶす。

Glitch tutorial 01

2.文字を入力

任意の文字を入力します。
書体はハネの少ないものが、のちのち加工しやすいと思います。

文字を入力

3.文字をラスタライズする

ラスタライズとは、ベクトルデータビットマップデータに変換することです。

これは、文字データ画像データへ変換することを意味します。

文字レイヤーをラスタライズ

4.レイヤーを複製する

複製したいレイヤーを選択後、「ctrl + J」で複製できます。

今回は、オリジナルの他に2つ複製します。

レイヤーの複製

STEP2. バグ風の色味とにじみを文字につける。

1. レイヤー効果を開く

レイヤーを右クリックして「レイヤー効果」を選択

レイヤー効果を開く

2. 複製したレイヤーの色を変更する

コピーした、2つのレイヤーのチャンネルを下記のように変更する

文字色変更(ピンク)

「R」と「B」のチェックをクリックして外す

文字色変更(緑)

「G」のチェックをクリックして外す

3. レイヤーを左右に移動する

ゲーム風に少し近づいてきましたね

レイヤーを左右に移動する

4. 複数のレイヤーを結合する

オリジナルと複製したレイヤー、今回は計3つを1つのレイヤーへまとめます。

ctrlを押しながら、レイヤーをクリックする事で複数選択できます。
選択後、右クリックからのメニューで結合できます。

*複数レイヤーを選択後「ctrl + E」でも結合できます。

レイヤーの結合

STEP3. バグってずれた文字を作る

1. 選択ツールで切りたい部分の範囲を選択する

切り取る部分を試行錯誤してください

選択ツールで範囲選択

2. 切り取り、貼り付ける

切り取り(カット)→貼り付け(ペースト)する

後は移動するだけ!

切り取って貼り付け

3. 文字を移動しずらす。

好みの位置へ移動

この一連の動作「切り取り範囲選択→切り取り→ペースト→移動」を繰り返していきます。

たまには、大胆にカット

大きい範囲選択
カットペーストを繰り返す

完成

グリッチエフェクト文字の完成

まとめ

今回の文字加工方法(グリッチ)は、フォントに変化や動きをつける方法でした。

ゲームの素材として使えるかもしれませんし、ロゴを作る際にも使えるかもしれません。

少し文字を加工するだけでも、変化が付き面白いフォントになります。覚えてしまえば簡単なので、是非試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの本はこちら

Photoshop しっかり入門[CC/CS6/CS5] (しっかり入門シリーズ)
まきの ゆみ-SBクリエイティブ
¥ 2,138
全240ページ

Follow this page

はてなブックマーク
Bookmark 6
Pocket
入れる 12