Photoshopの種類 -購入を迷っているあなたへ!バージョンの違いから連携ソフトまで-

Photoshopにはどんな違いがあるのだろう? フォトショップについて悩んでいる人 考える人

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)の種類は非常にたくさんありますね。
でも、それぞれにどんな違いがあるのか分からず、一体どのバージョンを買っていいのか分からない…
と迷っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方のためにPhotoshopのバージョンと種類、連携しているソフトをご紹介していきます。

1.Photoshopのバージョンによる違い

Photoshopのバージョンは、古い方から順に1.0~7.0、そしてCreative Suite のCS, CS2, CS3, CS4, CS5, CS5.5, CS6までと、最新のCreativeCroud(CC)があります。

1-1.Photoshopのバージョンに対応する各 OSの種類

また、Photoshopのバージョンには対応するOSに制限があるので、ダウンロードするときはお使いのパソコンに対応しているバージョンかどうかを確認する必要があります。

以下はそれぞれのOSへの、Photoshopのバージョン対応表です。

Windows版 Photoshop

Windows版
Photoshop 3.0 Windows 3.1
Windows 95
Windows NT 3.51
Photoshop 4.0 Windows 3.1
Windows 95
Windows 98
Windows NT 4.0
Photoshop 5.0 Windows 95
Windows 98
Windows NT 4.0
Photoshop 5.5 Windows 95
Windows 98
Windows NT
△Windows 2000
△Windows Me
Photoshop 6.0 Windows 98
Windows NT
Windows 2000
Windows Me
△Windows XP
Photoshop 7.0 Windows 98
Windows NT 4.0
Windows 2000
Windows Me
Windows XP
Photoshop CS Windows 2000
Windows XP
Photoshop CS2 Windows 2000
Windows XP
Photoshop CS3 Windows XP
Windows Vista Home Premium,
Business, Ultimate
Photoshop CS4 Windows XP
Windows Vista Home Premium,
Business, Ultimate, Enterprise
Photoshop CS5 Windows XP
Windows Vista Home Premium,
Business, Ultimate, Enterprise
Windows 7
Photoshop CS6 Windows XP
Windows 7
Photoshop CC Windows7
Windows 8
Windows 8.1

Mac版 Photoshop

Mac版
Photoshop 3.0 漢字 Talk 7.1
漢字 Talk 7.5
Photoshop 4.0 漢字 Talk 7.1
漢字 Talk 7.5
Photoshop 5.0 漢字 Talk 7.5
Mac OS 7.6
Mac OS 8.0
△Mac OS 8.5
△Mac OS 8.6
△Mac OS 9.0
Photoshop 5.5 Mac OS 7.6
Mac OS 8.0
Mac OS 8.5
Mac OS 8.6
Mac OS 9.0
Photoshop 6.0 Mac OS 8.5
Mac OS 8.6
Mac OS 9.0
Mac OS 9.1
Mac OS 9.2
Mac OS X 10.1
Photoshop 7.0 Mac OS 9.1
Mac OS 9.2
Mac OS 10.1
△Mac OS X 10.2
△Mac OS X 10.3
Photoshop CS Mac OS X 10.2(10.2.4~)
Mac OS X 10.3(10.3~)
Mac OS X 10.4 Power PC
Photoshop CS2 Mac OS X 10.2
Mac OS X 10.3
Mac OS X 10.4 Power PC
Photoshop CS3 Mac OS X 10.4.8
Photoshop CS4 Mac OS X 10.4.11 ~ 10.5.4
Photoshop CS5 Mac OS X v10.5.7 Intel
Mac OS X v10.6 Intel
Photoshop CS6 Mac OS X v10.6.8 Intel
Mac OS X v10.7 Intel
Photoshop CC Mac OS X v10.7, v10.8, v10.9

※△がついている部分は注意事項がありますので、以下の公式サイトよりご確認後、十分注意の上でダウンロードしてください。
Adobe公式サイト:Photoshop 旧バージョンの対応OS

古いバージョンで作ったファイルを新しいバージョンで開くことはできますが、その逆に新しいバージョンで作ったファイルを古いバージョンで開こうとすると正しく表示されないことがあります。仕事で使用する際は、ファイルのやりとりなどバージョンの互換性に注意しましょう。

1-2.CS 各バージョンの新機能

バージョンが上がるたびに新機能が追加されていきました。

以下は、CSの一部の旧バージョンに追加されてきた新機能です。

CS3 シェイプ、スタイル、スウォッチの追加
カラー補正
レイヤーの自動整列
レイヤーの自動合成
タブ形式のインターフェース
自動調整パネルの追加
Adobe Photoshop Lightroomとの連携
プリントオプションの追加
ファイルフォーマットの追加
Web 用高解像度画像の書き出し
拡張機能の追加
CS4 コンテンツに応じて拡大・縮小
滑らかにカンバスを回転
スムーズなズーム・パン
拡大した被写界深度
64-bit のサポート
マルチタッチのサポート
カスタムパネル
CS5 コンテンツに応じた塗り
パペットワープ
Photoshop 連携アプリのサポート
範囲選択ツール
不要なカラーの除去
選択・マスクの調整
Camera Rawでの粒子の追加
選択およびマスクの調整
Camera Raw でのノイズの除去
高度な HDR 画像編集およびHDRトーン
混合ブラシ
ブラシ先端のカスタマイズ
自動レンズ補正
角度補正ツール
切り抜き後の周辺光量補正
Adobe Mini Bridge
同じ位置にペースト
CS6 コンテンツに応じたパッチ
コンテンツに応じた移動
切り抜きツールの機能向上
スキントーンに応じた選択範囲とマスクの作成
自動補正の機能向上
広角補正
直感的にビデオを制作
再設計されたデザインツール
レイヤー検索
ぼかしギャラリー
摩耗性ブラシ
進化したエアブラシの先端
油彩フィルター
スクリプトパターン
Adobe Camera Raw 7 プラグイン
(部分補正・シャドウとハイライトのコントロール
64-bit 対応の照明効果ギャラリー)
Adobe Mercury Graphics Engine
プリセットの移行と共有
バックグラウンドでの保存
自動保存
新ユーザーインターフェース
10-bit の色深度をサポート
3D LUT のサポート
属性パネル
CC レイヤーからの画像アセットの生成
カメラのぶれの軽減の改善
カメラの振動によるぶれの軽減
画像のサイズ変更機能の向上
Behance での作業の共有
Adobe Creative Cloud で設定を同期
3D 画像の処理
スマートシャープフィルターの機能強化
明るさの最大値フィルターと明るさの最小値フィルターの機能強化
フィルターとしての Adobe Camera Raw
複数のパスの選択
長方形と角丸長方形の変更
文字のシステムアンチエイリアスオプション

Adobe公式サイト:旧バージョンに追加された新機能

2.通常版PhotoshopとExtended,Elementの違い

Photoshop extended, Photoshop Elements, Photoshop CC正規版 パッケージ

2-1.Extended(エクステンデッド)

Photoshop Extendedには、通常版のPhotoshopの機能(編集・合成・ペイント)に加え、3D機能やビデオ・アニメーション編集が搭載されています。
通常版のPhotoshopに加えて3D機能が備わった豪華版と言えます。

CS5のExtendedは、iPhone や Android のデバイス上でAdobe Photoshop Express モバイルアプリケーション(無償)と連携させられます。これは写真を素早く共有・編集することができるため、パソコンとモバイルデバイス両方お使いの方にはとても便利な機能です。

しかし、最新のCreative Cloud(CC) 版 Photoshopにはこれらの機能がすべて搭載されていますのでCCをおすすめします。
通常版かExtendedか…と悩む必要はありません。

買い切りでCSを購入しようと考えている方は、Extendedの購入も考えてみてくださいね。

2-2.Element(エレメンツ)

初心者向けによく使われる機能を抽出したものがPhotoshop Elements(フォトショップ エレメンツ) / 学生・教職員 個人版(アカデミック版) です。

ElementsはPhotoshopの廉価版と言われていますが、非常に安く購入できるため学生に人気のシリーズです。

通常版 Photoshopとの違いは、デジタル写真の整理・編集・公開を行うことができるだけでなく、写真管理機能も装備されていることです。
さらに、誰でも簡単に使えるように使い方のツールヒント・作り方パレットなど、サポート機能も充実しています。

バージョンはElements 1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0, 6, 7, 8, 9, 10, 11と出ており、最新版(2014年1月現在)はAdobe Photoshop Elements 12です。

3.Photoshopと連携するソフト(Lightroom,Bridge,旧Album mini)の紹介

Photoshop Lightroom,Adobe Bridge パッケージ

3-1.Lightroom(ライトルーム)

Photoshop Lightroom はRAW画像※を扱う人向けのアプリケーションです。
Lightroomは、写真の取り込み・整理・取捨選択・RAW画像の現像と補正・ファイルへの出力と印刷とWeb公開までの一連の流れを想定されて作られています。
写真処理のワークフロー(管理・現像・共有)が、Photoshopより効率的に行えるように設計されているため、大量の写真加工にしかアプリケーションを使わないならばLightroomをおすすめします。

※RAW画像とは、未現像の調節がされていない写真画像のことです。

3-2.Bridge(ブリッジ)

Bridgeは各アプリケーションを仲介する役割を担う性質のため、単体では販売されずに他のソフトに付属して販売されています。
写真を一括で操作・ラベル管理・複数ファイルの細部確認ができる他、パソコン上のファイルをまとめて管理するために役立ちます。

3-3.旧album mini(アルバムミニ)

現在Album Mini は販売中止となっており、その代替製品としてはPhotoshop Elementが挙げられます。
album miniは検索・補正・共有するための基本機能が備わっており、簡単に写真検索ができる他、補正が簡単にでき、キャプション付きスライドショーを作ることができるアプリケーションでした。

4.Photoshopのアップグレードとアップデートについて

4-1.Photoshopのアップグレード

アップグレードとアップデートの違いは、製品を買い換えるか上書きするかです。
大規模な改良が加えられた製品を新たに購入するのがアップグレード、手持ちのソフトのプログラムファイルを上書きするのがアップデートです。

Photoshopのアップグレードを行う場合、前のバージョンをすでにお持ちなら新しいバージョンをアップグレード版で購入すると、割引されて70%OFF程度の価格で購入できます。
Elementsの場合も同様に割引価格でアップグレード版が購入できます。

4-2.Photoshopのアップデート

製品名の後につく数字の小数点以下が上がる場合(Photoshop 5.5など)がアップデート版です。アップデートはバグの修正などリリース後に発見された問題点を改善するために行います。

Adobe製品のアップデートはすべて無料でできます。

5.まとめ

Photoshopは、初めのバージョンが発売されてから今年で24年目となります。
それゆえたくさんのバージョンが販売されていますので、どれを購入するか迷ってしまうかもしれません。ですが、やはり仕事で使うならば現在のOSに対応していていろいろなAdobe製品が使い放題な、Creative Croud(CC)をお勧めします。

Photoshopの購入するバージョンが決まったところで、次回はさっそくダウンロード方法をご紹介します。

おすすめの本はこちら

Photoshop しっかり入門[CC/CS6/CS5] (しっかり入門シリーズ)
まきの ゆみ-SBクリエイティブ
¥ 2,138
全240ページ

Follow this page

はてなブックマーク
Bookmark 2
Pocket
入れる 25